海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ジャレッド・レト、悪役ジョーカーのために増量中と明かす

ジャレッド・レト

今年1月にゴールデングローブ賞に出席したジャレッド・レト
(c)Imagecollect.

俳優・歌手のジャレッド・レトが、映画『Suicide Squad』(原題、2016年8月5日アメリカ公開)のジョーカーの役作りを始めたと語った。

この映画はDCコミックの悪役軍団について描いており、ジャレッドはバッドマンの敵ジョーカーを演じる。

ジャレッドは音楽誌「ビルボード」のインタビュー中に、「少し食べてもいいかな? 体重を増やそうとしているんだ。2時間に1回食べなくてはいけないんだよ。たくさん食べるのが苦手なんだ」「美しい悲惨なキャラクター。なんて大きなチャレンジだろう」と語っている。

ジョーカーの役はクリストファー・ノーラン監督が手掛けたバットマンの映画『ダークナイト』(08)で俳優のヒース・レジャーさんが演じたことが記憶に新しい。ヒースさんのジョーカーの演技は大絶賛されたが、28歳という若さで薬物の併用摂取によりこの世を去っている。彼は死後ジョーカーの演技が評価されてアカデミー賞助演男優賞を受賞した。

ジャレッドは、映画『ダラス・バイヤーズクラブ』(13)でトランスジェンダーのレイヨンを演じ、アカデミー賞助演男優賞を受賞。そんな彼もジョーカー役へのプレッシャーを感じているかもしれないが、期待は大きい。どんなジョーカーを見せてくれるだろうか?

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)