海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ジェニファー・ローレンス、ヌード写真流出でどれだけ傷ついたか語る

ジェニファー・ローレンス

人気女優のジェニファー・ローレンス
(c)Imagecollect.

24歳の女優ジェニファー・ローレンスが、プライベートヌード写真の流出について語った。

ジェニファーは今年8月末にプライベートヌード写真が流出。プライバシーの侵害だと表明文を出していた。ほかにもモデルのケイト・アプトンや女優のヴァネッサ・ハジェンズ、リアリティースターのキム・カーダシアンら多くのセレブのヌード写真が流出している。

ジェニファーはエンターテインメント誌「ヴァニティ・フェア」に、「私はただとても怖かったわ」「これがどんな風に私のキャリアに影響を与えるか分からなかったの」「スキャンダルではないわ。性犯罪よ。性的暴力なの。ひどいわ。法律は変えられるべきで、私たちは変える必要があるの。だから、これらのウェブサイトは責任があるのよ」と話した。

さらに「これらの写真を見た誰もが、性的犯罪を永続させているの」「恥ずかしく思うべきよ。私が知っていて、大好きな人が『オー、そう。あなたの写真を見たよ』って言っても、私は怒らない。だけど、同時に私の裸の写真を見ていいなんて言っていないわって思うわ」と語った。

ジェニファーは今年8月に破局した俳優のニコラス・ホルトに写真を送っていたようで、「私が(表明文で)書こうとしたことすべて、涙が出て、腹が立ったの。謝罪を書こうとしたのだけれど、私が謝るようなことは何もなかったわ。私は愛のある、健康的で、素晴らしい関係を4年間きずいていたの。遠距離恋愛で、あなたの彼氏はポルノを見るか、あなたを見るかなのよ」と説明した。ジェニファーは自分の父親にヌード写真が流出したことを電話で伝えたと明かしており、とても辛かったと話している。

ジェニファーは「時間が癒してくれるわ」「このことでもう泣かないわ。このことでもう怒ることもないの」と語り、自分の平和を探す必要があると明かしている。

ジェニファーは今回のヌード写真の流出にかなりショックを受けており、彼女の心情はほかに流出されたセレブも同じ気持ちだろう。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)