海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

もしかすると偽善者? 言動に行動が伴っていないセレブたち

言動に行動が伴っていないセレブたち

偽善者と呼ばれてしまうのも納得なセレブたちのエピソード集
(c)Imagecollect.

近頃、頻繁に目にするようになったセレブたちのチャリティー活動や改革運動への参加。自身の発言による影響力や名声を活かし、より良い世の中を目指すことは大変好ましいが、その一方で行動と言動が伴っていない怪しいセレブたちがいるようだ。そんな偽善者の疑惑が浮上しているセレブたちのエピソードをご紹介。

■レディー・ガガ
いじめ撲滅キャンペーンをサポートしているレディー・ガガ。しかし、自身は不仲状態にあるペレス・ヒルトンやケリー・オズボーンなどを相手にツイッター上で攻撃し、いじめに近いことをしているのではないかと疑問の声があがっている。

■ハリソン・フォード
国際環境NGOコンサベーション・インターナショナルの副理事長を努めるくらい、環境保護家として知られている『インディー・ジョーンズ』大御所俳優ハリソン・フォード。しかし、プライベートジェットを7台所有し、「よくチーズバーガーを食べるためだけに、飛行機で横断するんだ」と環境にまったく優しくない生活をしていることが明らかに。

■キム・カーダシアン
キム・カーダシアンは、姉のコートニー・カーダシアンが未婚のままパートナーであるスコット・ディジックの子供を産んだことについて叱り続けたと明かしていた。しかし、そんな自分もラッパーのカニエ・ウェストと未婚状態の時に娘ノースちゃんを出産した。

■ジェイミー・フォックス
歌手・俳優のジェイミー・フォックスは銃規制を支持しているセレブのうちの一人。それにも関わらず、銃や暴力的なシーンが出てくる映画に多数出演しているのが難点。

■パリス・ヒルトン
2004年の大統領選の際に、若い人々へ投票を呼び掛ける「投票するか、死ぬか(VOTE OR DIE)」というキャンペーンに参加していたパリス・ヒルトン。しかしファンがのちに、パリスは投票への登録すらしていなかったという事実を発見した。

■ジェニファー・アニストン
かつてブラッド・ピッドが付き合っていた頃、アンジェリーナ・ジョリーにブラピを略奪されたとして世間を味方につけていたジェニファー。しかし彼女の婚約者ジャスティン・セローは、13年間も交際していた元恋人ハイディ・ビヴンスさんから奪った相手なのである。

セレブとして人々から愛されたり尊敬されたりすることも多いが、所詮彼らもひとりの人間。完璧を求めていけないのは重々承知だが、立場が特殊である以上、行動や言動に気を付けなければならない宿命なのだろう。

文:高田 ミズキ

PICKUPオススメ情報(PR)