海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ダコタ、エル・ファニング姉妹、キャサリン妃の遠い親戚であることが判明

ダコタ、エル・ファニング姉妹とキャサリン妃

実は遠い親戚だったダコタ、エル・ファニング姉妹とキャサリン妃
(c)Imagecollect.

女優のダコタとエル・ファニング姉妹が、イギリスのキャサリン妃と遠い親戚であることが明らかになった。

先祖を調べることができる「Ancestry.com」によると、ファニング姉妹とキャサリン妃に共通の先祖がいることが分かった。その先祖とは1327年から1377年にイングランド王であったエドワード3世だったのである。

エルは映画『マレフィセント』(7月5日日本公開)でオーロラ姫の役を演じており、同サイト側はゴシップ誌「ピープル」に姫を演じたエルが実際に王族の直系であることが証明されたと伝えており、「彼女が長い間行方不明になっていたプリンセスだと考えられることができますね。このつながりはとてもユニークで珍しいです」と話している。

ちなみにキャサリン妃は有名司会者のエレン・デジェネレスとも遠い親戚だそうだ。

ファニング姉妹やキャサリン妃本人でさえ、きっと親戚だったことは知らなかっただろう。そして、そのつながりが王様であったということはかなり驚きである。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)