海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

有名セレブが勢揃い! 年間最大のファッションイベントMET GALAレッドカーペット

MET GALA

NYメトロポリタン美術館にて行われたMET GALA
(c) Imagecollect.

有名セレブたちがこぞってニューヨークのメトロポリタン美術館に集合する、年に一度の最大ファッションイベントMET GALA。2014年のテーマは同美術館にて現在開催中の回顧展にちなんだ「チャールズ・ジェームス:ビヨンド・ファッション」。大勢の人々が集まる中で、特に目立っていたセレブのレッドカーペットスタイルにクローズアップ。

故チャールズ・ジェームスは、1940~50年代にデザインした舞踏会用のドレスで一躍有名となったファッションデザイナー。そのため昨年のテーマ「パンク」と打って変わり、今年の来場者は華やかなアメリカ社交界を彷彿させる装いであった。中でも、各メディアで頻繁に取り上げられたのは「ピンク」の可憐なドレスを着ていたセレブたち。ブレイク・ライブリー、テイラー・スウィフト、スキ・ウォーターハウス、エマ・ストーンなどの旬なヤングセレブたちが「美しい」と話題を呼んでいた。その他にもオールホワイトにきめこんだベッカム夫妻やリアーナ、パンツスタイルで我が道をいくカーラ・デルヴィーニュ、ミニ丈のドレスをチョイスしたロージー・ハンティントン=ホワイトリーなど、個性派も見どころが満載。

ファッションだけでなく、実はゴシップも満載だったMET GALA。絶交状態かと噂されていたテイラー・スウィフトとセレーナ・ゴメスは、セレーナのインスタグラムにて会場での仲睦まじい様子をビデオでアップ。久々のツーショットに多くのファンは安堵した。一方ではビヨンセの妹ソランジュ・ノウルズが、イベント後に滞在ホテルのエレベーターの中でビヨンセの夫ジェイ・Zに殴りかかる防犯カメラの映像が流失してしまった。そんなゴシップもありつつ、なんだかんだで今年も大盛況に終わったMET GALA。来年の新たな出席者やテーマが今から気になるところである。

文:高田 ミズキ

PICKUPオススメ情報(PR)