海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ブリタニー・マーフィ、32歳という若さで急死!

ブリタニー・マーフィ

「ジャスト・マリッジ 」のプレミアにて、小柄で可愛いブリタニー

12月20日に、「8 Mile」などに出演した32歳の女優ブリタニー・マーフィがウェストウッドにある自宅で心不全を起こし、搬送先の病院で死亡が確認されました。

ブリタニーの母親が、シャワー室で彼女が倒れているのに気がつき、救急車を呼びました。
彼女の周りには大量の嘔吐物があったようです。
救急隊員が家に駆けつけ、家の外で心臓マッサージなどの蘇生措置を施したようですが、反応は無かったようです。
その光景を目撃した隣人は、「彼女がもう既に死んでいるように見えた。」と語っています。

気になる死因ですが、現在警察が解剖調査を行なっています。
彼女の母親と、夫である脚本家のサイモン・モンジャックに事情を聞く所によると、彼女は数日前からインフルエンザの症状を訴えていて、処方せん医薬品を使用していたとの事。
しかし、ブリタニーの友人は彼女がマイケル・ジャクソンのように、痛み止めの薬「バイコデン」の中毒であったと発言しています。
「私達はこのような事が起こるのではないかと長い間心配していました。
ブリタニーはドラッグの問題があり、私達はいつもそれを止めて助けを求めるように彼女に言っていました。
悲しい事に、彼女は聞く耳を持たなかったのです。」

僕が思うに、全ての元凶は、夫であるサイモン・モンジャックのような気がします。
ブリタニーはサイモンと共にセットで問題行動を起こした事が理由で、最新映画「The Caller」をクビになっています。
その時に、サイモンはあからさまにドラッグの影響下にあったと言われていました。
才能ある女優が32歳という若さで逝ってしまったのは、本当に残念です。
心よりお悔やみ申し上げます。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)