海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ノーパン露出からおもらしまで! セレブたちの恥ずかしい大失態

セレブたちの大失態エピソード集

セレブたちの恥ずかしすぎる大失態とはー!?
(c) Imagecollect.

有名人たるものは、人前に出て自分自身を露出することがお仕事。常に人目に晒されるという特殊な職業柄、時には人に見られたくない恥ずかしい瞬間までも世間に知れ渡ってしまう。そんなセレブたちの消したい過去であろう恥ずかしい大失態を一挙にまとめ!

■履き忘れにはご用心! ノーパンを晒してしまったセレブたち
気品漂う清純派女優のアン・ハサウェイは、映画『レ・ミゼラブル』(12)のニューヨークプレミアに現れた際、車を降りる瞬間ノーパン姿をパパラッチされてしまった。同じく歌手のブリトニー・スピアーズも、車から降りる際に同様のショットを激写された経験あり。

■よく頑張りました! ステージ上で耐えきれなかったセレブたち
ブラック・アイド・ピーズの紅一点であるファーギーは、2005年のパフォーマンス中に我慢しきれずなんと観客の前でおもらししてしまったことがある。ジャスティン・ビーバーやレディー・ガガは、パフォーマンス中に嘔吐してしまったことも。彼らのプロ根性を心から讃えたい。

■赤っ恥? プレミア・アワードでハプニングに見舞われたセレブたち
ディズニー出身俳優のザック・エフロンは声優を務めた『ロラックスおじさんの秘密の種』(12)のレッドカーペットイベントに出席中、なんと自身のポケットからコンドームを落とすハプニングが。人気米ドラマ「モダン・ファミリー」のソフィア・ベルガラは、エミー賞で着たドレスのジッパーが壊れてスタイリストに授賞式前に直してもらえたものの、自身でおしりがむきだしになった写真を投稿。女優ジェニファー・ローレンスは、オスカーの授賞式でドレスにつまずいて転んでしまった。

華やかなステージに立ち完璧にみえるセレブたちであるが、これを機に彼らに対して一気に親近感が湧いた人もいるのではないだろうか―。しかしどんな失態をみせても、それをプロ根性や愛嬌でカバーしてしまうところはさすがである。

文:高田 ミズキ

PICKUPオススメ情報(PR)