海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

マライア・キャリー、肩の脱臼は双子の出産くらい辛かった

マライア・キャリー

肩の脱臼をして1か月後のマライア・キャリー
(c)Imagecollect.

歌手のマライア・キャリーが、肩の脱臼について語った。

マライアは今年7月に新曲「#Beautiful」のミュージックビデオを撮影中にけがをして、病院に搬送された。彼女は肩を脱臼し、医者に元に戻してもらっていたのである。

そんな出来事から3か月以上が過ぎて、マライアはだいぶ回復したそうで、ゴシップサイト「E!ニュース」に、「私は人生で最もタフな経験をいくつかしたわ。1つは双子を授かったことね。たくさんの子供(双子や三つ子など)を授かったことのある人ならこれが最も大変な経験だって分かると思うわ。でも、その報酬はすごいわよ。私にとって赤ちゃんたちを授かったことがどれだけ素敵なことか説明できないの。でも、うん、肋骨を折ることは良いことではないわね。肩の脱臼も良いこととは言えないわ」と明かしている。

マライアは今月自身のフェイスブックに「この3か月は大変だったわ。けがを乗り越えることは私の人生の中で最もタフな経験だったの。ここまでくるのに3か月かかったわ。でも、回復して、腕が戻ったことを神様に感謝しなくてはね」と綴っている。

双子を出産するという大変な経験をしたマライアが、人生で最もタフな経験の1つに入れるほど、今回の肩の脱臼は相当辛かったのだろう。早く完治することを願いたい。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)