海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ウィル・スミス娘の12歳の歌手、PVがアダルトすぎると大バッシング

ウィロー・スミス

新曲PVで大バッシング! 12歳の歌手ウィロー・スミス
(c)Hollywood News

俳優のウィル・スミスとジェイダ・ピンケット・スミスの娘で歌手のウィロー・スミスのPVがアダルトすぎると大バッシングを浴びている。

7歳の時に女優デビュー、9歳で歌手デビューしたウィロー・スミスは、新曲「Summer Fling」のPVを6日に公開。その映像や歌詞が、12歳が歌うものとしては不適切だと話題になっているのだ。

まず、このPVの映像だが一夏の恋を描いたものになっており、いきなりウィローが10歳以上歳が離れていると思われる男性といちゃつく場面からスタートする。その後もかなり歳が離れた他の男性とプールに飛び込むシーンや夜中のビーチで大勢ではしゃぐシーンなどが登場し、とても12歳の生活とは思えない場面が続く。

そして、歌詞も「この夏だけの関係。でも、やっちゃおう」「今夜何するかなんて気にしてないよ。ビーチに横になって、この瞬間がいつまでも続くように願っておやすみのキスをしよう」と、アダルトな内容となっている。
さらに、へんてこなイギリス訛りの英語を使うなど、非難の対象になりやすい内容を多く含んでいるようで、ツイッターやYouTubeのコメント欄は彼女へのバッシングで炎上している。

その非難の矛先は親のウィルやジェイダにも向けられている。
はたしてウィローはどこへ向かおうとしているのだろうか?

文:橋本 トミオ

PICKUPオススメ情報(PR)