海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

やけ食い? 役作り?  激太りした海外セレブに迫る【男性編】

ロブ・カーダシアン

元恋人リタ・オラとの破局で20キロ以上太ってしまったロブ・カーダシアン
(c)Hollywood News

先日、スリムで美しい俳優として名を馳せていたキアヌ・リーブスが激太りした姿がキャッチされて、「別人」「誰なのかわからない」といった声が聞かれるなど多くの人に衝撃を与えました。その原因は「役作り」や「幸せ太り」などと噂されています。今回は、かつてスリムだったのに激太りしてしまった男性セレブとその原因に迫ります。

まずは、ストレスが原因で激太りしたセレブです。キム・カーダシアンの弟で米リアリティー番組に出演するロブ・カーダシアンは、恋人と破局したことで体重が激増したと報じられました。ロブは昨年10月にイギリス人歌手のリタ・オラと交際が噂されましたが、2ヶ月後には破局。リタは20人の男性と浮気していたという話もあり、そのストレスから20キロ以上増量してしまったと言われています。

俳優のなかには役作りのために意図的に太るセレブもいます。ロックバンドのボーカルとしても活躍するイケメン俳優ジャレッド・レトは、『チャプター27』でジョン・レノンを殺害した実在の犯人の役作りのために、30キロ近く体重を増量させる必要がありました。その目論見通り、彼は激太りに”成功”したものの痛風を罹患しまったよう…。凄まじいプロ意識です! 他には、ジョージ・クルーニーやマット・デイモンなどが役作りのために激太りした俳優として知られています。

最後は、かつてガリガリ体型が特徴的だったものの、激太りしてしまったロックスターをご紹介。痩せ細った体型と奇抜なメイクが特徴的だったマリリン・マンソンも40歳を超えると激太りしてしまい、かつてのオーラはだいぶ薄れてしまいました。そのビジュアルに憧れていたファンにとってはとてもショッキングだったことでしょう。

体重が増えても減っても、あれこれ書かれてしまうセレブたち。彼らは常にマスコミに追われストレスがたまりやすい環境で生活も不規則になりがちなので、一般の人よりも体型をキープするのは大変なのかもしれません。

文:橋本 トミオ

PICKUPオススメ情報(PR)