海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

【ハリウッドスラング048】「hottie」「That’s hot」はクセになる?

パリス・ヒルトン

「That’s hot」が口ぐせのパリス・ヒルトン
(c)Hollywood News

今回のハリウッドスラングは、「hottie(ホティー)」。街を歩いていると、つい見つめてしまうほど魅力的な人っていますよね。「セクシーな人」という意味を持つ「hottie」を紹介します。

使用例:
ヴィンス:Wow. Look at that girl. She is a real hottie.
(うわあ。あの女の子を見なよ。彼女は本当にセクシーだね。)
エドワード:She is way too hot!
(彼女はセクシーすぎだよ!)

「hot」という言葉は、みなさんご存知のように「熱い」という意味を持つのですが、「セクシー」という意味にもなります。「He is hot!(彼はセクシーだわ!)」のように使うのですが、あまりにセクシーすぎて熱を持っているということで「hot」がセクシーという意味を持つようになったようですね。その形容詞である「hot」により親しみやすいニュアンスである「ie」をつけることによって、名詞である「hottie」になるのです。「cute(可愛い)」に「ie」をつけて、「cutie(可愛い人)」になるのと同様ですね。

人気セレブのパリス・ヒルトンは、当時の親友だったニコール・リッチーと共に、2003年から放送されたリアリティー番組「シンプル・ライフ」に出演した際に、「That’s hot」という言葉を連発していました。その「hot」は、「セクシー」という意味ではなく、どちらかというと「カッコイイ」という意味で使われており、彼女の「That’s hot(それってイケてる)」という言葉は当時の流行語になったのでした。

ちなみにパリスは、『The Hottie and The Nottie(セクシーな人と、セクシーじゃない人)』(原題・日本公開未定)という映画に出演し、2009年に行われた第29回ゴールデンラズベリー賞で最低女優賞を受賞しています。さすがの彼女でもその時は、「That’s hot」とは言えなかったでしょうね!

文:村井 ユーヤ

>>【ハリウッドスラング047】気をつけたほうがいい「dick」の使い方
>>【ハリウッドスラング046】頑張って、人から言われたい「way to go」
>>【ハリウッドスラング045】「pass out」には気をつけて
>>【ハリウッドスラング044】タランティーノは「rip off」?
>>【ハリウッドスラング043】かなりの頻度で使われる、小学生でも言う「suck」

PICKUPオススメ情報(PR)