海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ジェシカ・シンプソン、第2子妊娠でダイエット会社との契約危機に?

ジェシカ・シンプソン

ジェシカ・シンプソン、第2子妊娠でダイエット会社との契約に赤信号?
(c)Hollywood News

歌手のジェシカ・シンプソンが、第2子を妊娠したことでダイエット関連サービス会社「ウェイト・ウォッチャーズ」との契約が危なくなっているという。

ジェシカは元NFL選手のエリック・ジョンソンとの間に第1子を妊娠し、産後のダイエットを紹介する広告塔として同会社と400万ドル(約3億2800万円)で契約をしていた。今年5月に彼女は長女マクスウェル・ドリューちゃんを出産し、ダイエットの成果を見せ、活動していくはずだったのである。

しかし、先月終わりにジェシカが第2子を妊娠したと報道された。関係者はゴシップ誌「Usウィークリー」に、「彼らはジェシカに厳しい態度ですよ」「彼女が最初の広告撮影の時に十分に体重を減らしていなかったので、すでに冷たい目で見られていました。彼らは上半身だけの撮影をしなくてはいけませんでした」と明らかにしている。

ジェシカはすでに70ポンド(約31キログラム)のダイエットに成功しており、この会社は2つ目の広告を公開する予定だったそうだが、関係者は「彼らはそれを公開していいとは思っていません」「だれも妊婦のダイエットの話など聞きたくありませんよ」と語っている。

ジェシカにとっても第1子出産からわずか7か月後の妊娠だったために、予定外のことであった。もちろん第2子を出産して、またダイエットの成果を見せることはできるが、会社側としては彼女が出産するまであと10か月待たなくてはいけない。今後契約はどうなってしまうのだろうか?

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)