海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

英ロイヤルファミリーの“そっくりさん”を起用した中国のCMが話題に

ロイヤルファミリー

イギリスのロイヤルファミリー(本物)
(c)Hollywood News

イギリスのロイヤルファミリーのソックリさんを起用した中国のタクシー会社「パンダ・キャブズ」のコマーシャルが話題となっている。

中国の四川省成都市へ観光客を呼ぶ宣伝のために作られた白黒のタクシー「パンダ・キャブズ」は、6月1日からロンドン市内にお目見えし、8月31日まで期間限定で走行する。そのタクシーのCMにはエリザベス女王、ウィリアム王子、キャサリン妃のソックリさんが出演しているのだ。

ピンクに身を包んだエリザベス女王がタクシーを呼び、キャサリン妃が「どうして王室専用のリムジンに乗れないのかしら」と文句を言う。エリザベス女王は経済的な問題を抱えている国のために、国民のお手本にならなくてはいけないと返すが、キャサリン妃は「タクシーに乗るために英国王室に嫁いだわけではない」と言い張る。ウィリアム王子は「おばあちゃんが正しいよ」とキャサリン妃をなだめるが、「あほくさいわ。人々は頑張れば私たちみたいになれるって思いたいのよ」と言うと、エリザベス女王は「あなたがやったみたいに?」と一般人出身のキャサリン妃に皮肉る。ウィリアム王子が「パンダ・キャブズ」に電話をかけると、“すぐに”白黒のタクシーが到着するというストーリーで、同タクシーが待たせることなくすぐにやってきて優れていることをアピールしている。

このCMに対して、「ひどいCMだ」「最悪」といったコメントもあるが、「おもしろい」「パンダ・キャブズの賢い宣伝だ」と賞賛するものもあり、賛否両論である。

今年イギリスは、エリザベス女王即位60周年やロンドン五輪などの大きな行事が多いため、ロイヤルファミリーを題材にしたCMは多くの人の興味をひくものとなったようだ。もしかすると“結構”似ている3人のソックリさんたちの活躍も広がるかもしれない。

文:馬場 かんな

▼Commercial for "panda cabs" in London featuring Kate Middleton, Prince William and the Queen

PICKUPオススメ情報(PR)