海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

【ハリウッドスラング014】誰もが信じられない「breaking news」とは?

マイケル・ジャクソン

故マイケル・ジャクソンさんの突然の死亡のニュースは人々を驚かせた
(c)Hollywood News

今回のハリウッドスラングは、「breaking news(ブレイキング・ニュース)」。テレビを見ていたら、突然ビックリする速報が入る時がありますよね。今回紹介するのは、「ニュース速報」という意味の「breaking news」です。

使用例:
ケイト:Oh My God! Did you see the breaking news on TV!?
(オーマイゴッド! テレビのニュース速報を見た!?)
ジョン:I am watching it now! I can not believe he did that!
(今見てるよ! 彼があんなことするなんて信じられない!)

僕がこのニュース記事を書く仕事を始めて一番ショッキングだった「breaking news」は、やはり故マイケル・ジャクソンさんが50歳の若さで亡くなったというニュースでした。マイケルさんが亡くなった2009年の6月25日。あの日の僕は、まだこの仕事を始めたばかりで、ハリウッドにあるパパラッチが撮った写真や映像を集める会社のオフィスにいました。マイケルさんが亡くなったというニュースが突然入り、オフィスにいた人たちとテレビでその「breaking news」を見たのです。会社の人たちでさえ、マイケルさんが亡くなったことを信じられない様子でした。

「breaking news」は、放送事業者がテレビであらかじめ決められていた放送内容を「break(壊す)」してまで、新しい情報のニュースを入れるということから来ています。しかし、この用語はテレビだけで使われるものというわけではなく、ツイッターなどでもニュース媒体のアカウントが「breaking news」として、今届いた新しいニュースを伝えることがあります。最近では、「リンジー・ローハンがホテルで意識不明の状態で見つかる」という「breaking news」をツイッターで見ました。彼女の場合は、ただ深い眠りについていただけでしたが。

はたして、今年はどんな「breaking news」が僕たちに届くのでしょうか? あまり悲しいニュースじゃなくて、だれかがヌードになったとかいうエッチなニュースがいいなあ。

文:村井 ユーヤ

>>【ハリウッドスラング013】「eye candy」なデヴィッド・ベッカム
>>【ハリウッドスラング012】いろいろな状況で使える「for real」
>>【ハリウッドスラング011】「dirtbag」に選ばれたのは?
>>【ハリウッドスラング010】若い女優と「sugar daddy」
>>【ハリウッドスラング009】パワフルセレブは「control freak」なイメージにされがち

PICKUPオススメ情報(PR)