海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

【ハリウッドスラング013】「eye candy」なデヴィッド・ベッカム

デヴィッド・ベッカム

女性にとっての「eye candy」な存在であるデヴィッド・ベッカム
(c)Hollywood News

今回のハリウッドスラングは、「eye candy(アイ・キャンディー)」。この世の中には、そのあまりの美しさにほれぼれとするような美男美女が存在しています。今回紹介するのは、「目の保養になるほど魅力的に見えるもの」という意味の「eye candy」です。

使用例:
Katy:Wow, David Beckham is so hot! I want to see him naked!
(ワーオ、デヴィッド・ベッカムはとても魅力的ね。彼の裸姿を見たいわ!)
Jessica:Yes, He is eye candy.
(そうね。彼は目の保養になるほど魅力的だわ。)

現在アメリカのプロサッカーリーグ「MLS」で活躍しているデヴィッド・ベッカムは、2007年にアメリカに来た当時は現地での知名度は低かったものの、最近では「eye candy」な存在としてアメリカ人からも人気が出てきています。

彼が出演する「バーガーキング」のコマーシャルが面白いので紹介します。デヴィッドが「バーガーキング」の店で働き始めるという設定のこのコマーシャルで、彼は女性従業員からスムージーの作り方を習っています。女性が、「私たちは本物のフルーツをミキサーに入れて、スムージーを作るのです」というと、デヴィッドは、「それでこのボタンを押すんだね」と言いながら、ふたがついていないミキサーを作動させてしまい、飛んで来たスムージーが彼の服につきます。それを見た女性従業員が、「服を脱いだほうがいいですね」と言うと、ほかの女性従業員たちや、さらには客の女性までもが興奮した様子で、「服を脱いで!」といっせいに言い始めるのです。

その光景をみかけた男性店長が、「デヴィッド・ベッカムは服を脱ぎません!」と大きな声を出し、このコマーシャルは終わります。これは、デヴィッドがアメリカの女性にとっていかに「eye candy」な存在なのかがわかるユーモアにあふれるコマーシャルになっています。

はたして、あなたにとって「eye candy」な人は誰でしょうか? 僕はだんぜん、“エンジェル”と呼ばれる、高級下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」の専属モデルたちですね!

文:村井 ユーヤ

PICKUPオススメ情報(PR)