海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

セレーナ・ゴメス、母が流産でツイッターもほぼ無言状態

セレーナ・ゴメス

母が流産してしまってから、ツイッターはほぼ無言のセレーナ・ゴメス
(c)Hollywood News

ディズニーチャンネルのスターであるセレーナ・ゴメスが、母が流産した知らせを受けて、予定されていた2公演をキャンセルし、その後彼女のツイッターはほぼ無言状態が続いている。

セレーナの母マンディ・ティーフェイさんと継父ブライアンさんとの間に子供ができたことを、先月セレーナは自身のツイッターで報告した。そんなうれしい報告から一変し、16日に行われたロサンゼルスでほかのアーティストの公演を観ていたセレーナは家族の緊急事態を知らされて、すぐに実家に向かったという。

その後、セレーナは17日にシカゴで、18日にシアトルで行われる予定であった2つのパフォーマンスをキャンセルしたと、セレブのゴシップサイト「E!オンライン」は伝えている。セレーナの代理人は、出演のキャンセルは「家族の緊急事態」と明らかにしている。

ロサンゼルスのパフォーマンスに関するツイート以後、彼女のツイッターは2月に行われるパフォーマンスの内容がリピートされているだけで、セレーナのツイートがない状態である。そのためにファンから「とても苦しいわよね、セレーナ」といった心配するツイートが多く寄せられている。

新しい家族が増えることをとてもたのしみにしていたセレーナ。先月はツイッターに「ママとブライアンがついに私にニュースを教えてくれたの……弟か妹ができるのよ。私は世界で1番幸せな女の子」だわとツイートしていた。

クリスマス前にセレーナの家族にとってとても辛い出来事が起きてしまい、セレーナもお姉ちゃんになれることをとてもたのしみにしていただけに、ショックも大きいことだろう。彼女と彼女の家族に1日も早く笑顔が戻ることを多くの人が祈っている。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)