海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

デヴィッド・ベッカム、難病の子供に「幸せを配る」

デヴィッド・ベッカム

デヴィッドと病院の少女。スーパースターに会えて、子供たちは元気になれたことでしょう
(c)Hollywood News

サッカー選手のデヴィッド・ベッカムが、試合で訪れていたオーストラリアで小児病棟を訪問し、病気と闘う子供たちに特別な時間をプレゼントしました。

ロイヤル・メルボルン・チルドレンズ・ホスピタルを訪問したデヴィッドは、患者である子供たち、およびその家族らと交流しました。骨の感染症を患う1歳7か月の女児の母親は、「娘が快方に向かいますように、ベッカム選手が“難病に効くキス”をしてくれますように。そんなふうに祈っていました。大きくなった時、娘は彼の訪問を覚えているとは思えませんが、私は何度でも話して聞かせるつもりです」と語りました。

デヴィッドは、「こういうことをするのが大好きなんです。私はUNICEFの親善大使であり、妻(デザイナーのヴィクトリア・ベッカム)と共にチャリティーを主催してもいます。子供たちに会いに行くこと、子供たちの笑顔に会いに行くこと、笑顔にしてあげること。そうして小さな幸せを配ることで、少しでも病気が良くなると信じたいんです」とニュースサイト「ナインMSN」で話しました。

そのUNICEFの活動で、先週はフィリピンの子供たちに笑顔を配ったばかりのベッカム。4児の父ならではの温かさと感受性をもって社会貢献を果たしている姿は、ほかのセレブたちにとっても良い刺激かもしれません。

文:最上 雅旨

>>親善大使デヴィッド・ベッカム、青空サッカー教室でマニラの子供たちを笑顔に!

PICKUPオススメ情報(PR)