海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ブラッド・ピットが語る「裏口から出入り」のセレブ人生

ブラッド・ピット

有名人であることの喜びも苦悩も知り尽くしたブラッド・ピット
(c)Hollywood News

大人気俳優のブラッド・ピットが、「ホテルのロビーなんて、もう15年間も行っていない」と嘆いています。一体どういうことでしょうか?

有名人である彼は、四六時中パパラッチやファンに追いかけられる存在です。世界中どこへ行っても逃れることはできない現実には多少うんざりするらしく、これほどの注目は集めたくないと願っています。

ブラッドは、「ホテルのロビーを最後に見たのは15年前だよ。いつだって裏口から入って裏口から出るんだからね。一つの街に48時間滞在して、まん前にある自分の映画のプレミア会場に行こうと道路を渡る時だけが唯一の外出。そんなことがしょっちゅうだよ」と英紙「デイリー・テレグラフ」に打ち明けました。

逃亡者でもないのに常に“できるだけ目立たない”をモットーに行動する生活は、さぞかしストレスがたまるものと想像されます。特に、8人の大家族で移動する際には人目を引きやすく、神経もとがるでしょう。事実彼は、「家族の安全がいつも気にかかる。みんなに的確な指示を出せているだろうかということも心配だ。家庭を持つと、すべての決断に生死がからむんだよ」とも述べています。

セレブでいることの特権も知り尽くしているブラッドですから「まあ、有名税だね」と努めて明るく現状を捉えていますが、一家のリーダーとしての重圧をひしひしと感じる毎日のようです。

文:最上 雅旨

PICKUPオススメ情報(PR)