海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

セレーナとジャスティン、“共感”が育てるティーンセレブの恋

セレーナ・ゴメス

「ジャスティンとはよく理解し合える」と話すセレーナ・ゴメス
(c)Hollywood News

女優セレーナ・ゴメスが、恋人と共感し合える部分が多いと助かると言っています。

子供の頃からショービジネスの世界に生きている19歳のセレーナは、歌手の恋人ジャスティン・ビーバーが彼女のキャリアや考え方をよく理解してくれると英ゴシップ誌「OK!」に話しました。「私にはショービジネスの内にも外にも友達がいるけれど、自分のしていることや経験していることをしっかり分かってくれる人はやっぱり大事よ。ジャスティンはまさにそういう人よ」とセレーナ。

ジャスティンは17歳。歌う自分の動画で2007年に“YouTubeデビュー”してから今日まで、それこそジェットコースターのようなスピードでスターダムを駆け上がっているアイドルです。セレーナは、ティーンセレブならではの喜びや苦悩を、彼となら分かり合えるのでしょう。

そして、2人は笑いのツボも同じで、一緒の時間の大部分は笑って過ごしているようです。「笑い転げるわ。おなかが痛くなるまでね」と、セレーナはそれも良い関係を維持するポイントであると強調します。

セレーナとジャスティンの交際は、半年を過ぎました。お互いを知り合うプロセスにおいて感動したり驚いたりしてきたのでしょうが、「共感」という視点で相手を見つめることができる今、また一歩前進する準備ができているのかもしれません。

文:最上 雅旨

PICKUPオススメ情報(PR)