海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

セレーナ・ゴメス、恋人ジャスティンと里親になった犬が死にかける

セレーナ・ゴメス

病気になった子犬の里親であるジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメス
(c)Hollywood News

ディスニーチャンネルのスターのセレーナ・ゴメスが、先月恋人で歌手のジャスティン・ビーバーと里親になった子犬がたくさんの小石を飲んで深刻な状況にいると伝えている。

先月カナダの「ダーシーズ動物保護施設」からハスキーの子犬をセレーナとジャスティンが引き取っていた。その子犬には「ベイラー」という名前が付けられ、すでに5匹の犬を飼っているセレーナによって育てられている。

そんな子犬のベイラーが先週の金曜日に小石をたくさん飲んでしまって、病気になり、手術を受けたそうだ。

「私のベイビーが病気なの。彼の手術のために祈っているわ」とセレーナは自身のツイッターにつぶやいている。

どうやら子犬のベイラーはとても深刻な状況のようだ。セレーナやジャスティンのファンも彼女と同じように子犬の無事を祈っているに違いない。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)