海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

36歳のシャーリーズ・セロン、生まれて初めて“彼氏いない歴”に突入

シャーリーズ・セロン

現在、完全にシングルの日々を送っているシャーリーズ・セロン
(c)Hollywood News

オスカー女優のシャーリーズ・セロンが、“彼氏いない歴”に入っています。これは、人生で初めての体験であるとのことです。

シャーリーズは、2010年に俳優のスチュアート・タウンゼントと別れました。それまで9年間交際していた相手でした。「破局が見えてきた時、関係がどこかに沈んでいくような感じがした。沈ませてはいけないと、私なりにもがいたわ。持ち直してほしかったから。それが何より大切なことに思えたの」と、彼女は関係の修復に努めていた事実をアメリカ版「ヴォーグ」誌で語りました。

その努力は残念ながら実らず、2人は別々の道を行くことに。「19歳から、絶え間なく彼氏がいたの。誰かと終わってしまっても、1か月もしないうちに次のボーイフレンドができた。シングルだったことがないのよ。それが、今、生まれて初めて本当にシングルになっているの」と、36歳のシャーリーズは言っています。

この、彼氏がいない時期を、シャーリーズはプラスと受け止めています。彼女いわく「私にとっては、良いみたい。私って、男性との関係に人生の満足感を得てしまうタイプだったから」。その、“安住の地”から生まれて初めて飛び出して、見聞が広まっているのかもしれません。

「別れて3週間目には、とても、とても懐かしくなってしまったの。過度に感傷的になって、つらかった。でも、それも良いものよ」と、スチュアートとの別離はすっかり乗り越えた様子のシャーリーズ。『Young Adult』(原題・12月16日全米公開、日本公開未定)をはじめとする映画の仕事にも、エイズ問題に立ち向かうチャリティープロジェクトにも、一層新たな決意で取り組んでいる前向き美人です。

文:最上 雅旨

PICKUPオススメ情報(PR)