海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

4児の母マドンナが、子供たちに謝る特別な理由

マドンナ

立場に特有の悩みがあるマドンナ。子供には謝りっぱなしだそう
(c)Hollywood News

歌手マドンナが、「自分は子供たちに謝ってばかりいる」と興味深い発言をしています。

キャリアが長く、ジャンルをまたいで商業的な成功を収めてきたマドンナ。強烈なキャラクターも、あっと驚く言動も、自由な恋愛遍歴も、世界中のゴシップ雑誌やエンタメ番組のトピックとして取り上げられ続けています。精神的タフでなければ“マドンナを務める”ことは不可能でしょう。

そんな強い彼女が、我が子たちに素直に謝るのはどういう時でしょうか。マドンナはファッション誌「ハーパース・バザー」で、「母親が有名人であるという現実に立ち向かうのは難しいこと。私はそこをきちんと分かっているわ。だから、そのことではいつも子供たちに謝っているのよ」と述べています。彼女には、15歳の長女でファッションビジネスのパートナーでもあるローデスを筆頭に娘が2人、息子が2人います。

一例として、こんなエピソードも話しています。「先日、ローデスと道を歩いていたの。彼女はちょっと調子が悪くて熱もあったのね。その上ジャージにTシャツだったものだから、パパラッチを見付けるなり『もうイヤ! こんなイケてない時に!』と私を振り返って言ったわ」。

子供たちがのべつまくなしにカメラに狙われるのを見るのはいたたまれないものでしょう。ハリウッドセレブならではの悩みです。マドンナはこのことについてはただ、毎回真心から謝罪することしかできないようです。

「謝るたびに、“真実”と“真実でない”ことについて子供たちとじっくり話し合う機会を得られる」とも付け加えたマドンナ。決して望ましくない環境においても、親子コミュニケーションのきっかけを作って少しでもプラスの側面を見ようというその心意気が大切なのかもしれません。

文:最上 雅旨

PICKUPオススメ情報(PR)