海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ブレット・ラトナー監督は女優オリヴィア・マンとセックスしてない?

ブレット・ラトナー監督

オリヴィア・マンとセックスをしたと発言したブレット・ラトナー監督
(c)Hollywood News

『ラッシュアワー』シリーズなどを手がけてきたブレット・ラトナー監督が、テレビ番組で『アイアンマン2』(10)で知られる女優のオリヴィア・マンとセックスを何回かしたと認める発言をしたが、後に出演したラジオ番組で実はそれは嘘だったと前言撤回をした。

ラトナー監督は、テレビ番組「Attack of the Show」に出演した際に、「みんなに正直に言うけど、オリヴィアは僕の映画のセットに遊びに来て、僕は何回か彼女とセックスをしたんだ。でも、彼女のことをすっかり忘れてしまった」と発言していた。

この発言は波紋を呼び、オリヴィアの姉がツイッターで、「『長ぐつをはいたネコ』(2012年3月日本公開)が興行収入で1位になって、『Tower Heist』(原題・日本公開未定)はヒットしなかった。もうすぐしたら、『Tower Heist』がネコとセックスをして、忘れてしまったと私たちに信じさせようとするわよ」と、ブレットが監督したエディ・マーフィ主演映画である『Tower Heist』をかけて、ラトナー監督を批判する書き込みをし、それをオリヴィア本人がRTするまでになっていた。

ラトナー監督は自分の軽率な発言に気がついたのか、ハワード・スターンのラジオ番組に出演した際に、「僕は自分の発言で、彼女を売春婦のように人に思わせてしまった」と発言し、自分が彼女とセックスをしたというのは嘘だったと言った。さらに彼は、オリヴィアに直接電話をかけ、謝罪をしたらしい。

ラトナー監督がオリヴィアと交際していたのは事実かもしれないが、彼女を安く見せるような発言をテレビでしたのはあまりにひどすぎだったようだ。今では彼が何を言っても“時すでに遅し”なのかもしれない。

文:村井 ユーヤ

PICKUPオススメ情報(PR)