海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ハリウッドの代表的イクメンは「ハイディ・クルムの大親友」

シール

ハリウッドの代表的イクメンの一人、シール。長女のおけいこごとに付き添います
(c)Hollywood News

歌手シールは、40歳で出会えたからこそ、妻ハイディ・クルムと仲良くやれているのだと告白しています。

「キス・フロム・ア・ローズ」などで知られるグラミー賞歌手のシールは現在48歳。トップモデルのハイディ・クルムと2005年に結婚しました。今でも愛情いっぱいの夫妻の間には、子供が4人います。

シールは、「私にとってハイディの位置付けは、まず大親友。次に、子供たちの母親。そして、恋女房。“恋”は素晴らしいが、あっという間におかしな道に逸れていく可能性もあるものだ。それに引き換え、親友との互いに敬意を払い合える一線というものは、誤って踏み越えることはまずありえない」と、女性誌「コスモポリタン(Cosmopolitan)」の最新号で独自の論を説きます。

さらに、ハリウッドの定番の一つともいえそうな「男がミュージシャンで女がモデル」というカップルについて、自分たちの場合は年齢に助けられたと話しています。「大体、男は40歳までは使い物にならないんだ。シンガーというのがまた、“責任感の強い人”というイメージと結びつかない職業でもある。私がハイディと出会ったのは40歳の時だったが、もし30代であったなら、破綻していたと思う」と、シール。

最近、妊娠中の歌手ビヨンセも夫との関係を「固い固い友情」と表現していました。夫も妻も“対等”と実感できて初めて、幸せな結婚生活が成立するのかもしれませんね。

文:最上 雅旨

PICKUPオススメ情報(PR)