海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ロバート・ダウニー・Jrがスカーレット・ヨハンソンを殴る?

ロバート・ダウニー・Jr

スカーレット・ヨハンソンを誤って殴ってしまったロバート・ダウニー・Jr
(c)Hollywood News

ロバート・ダウニー・Jr.が『アベンジャーズ』(原題・2012年公開予定)の撮影中に、誤ってスカーレット・ヨハンソンを殴ってしまったそうだ。

ロバートとスカーレットはマーベル・コミックのヒーローが集まる最新映画『アベンジャーズ』の撮影中に出番を待っており、その間に『アイアンマン』の衣装を着たロバートが衣装装置をいじっていたところ、ハプニングが起こったらしい。

「ロバートは間違って片腕をコントロールするスイッチを押してしまい、そうしたら突然、後ろに腕がぐいと引っ張られて、かわいそうなことにその腕がスカーレットに当たってしまったんです。強打したスカーレットはふらふら後ずさりをし、バランスを失って、立っていた低い段差から落ちてしまったんです」と、ある関係者はその時の様子を語った。

びっくりしたスタッフは急いでスカーレットを助け起こしたが、幸いにも彼女は無傷で済み、笑っていたという。同関係者は「ナショナル・エンクワイアラー」紙に「ロバートは『アイアンマン』の衣装を身に着けていたため全く動けず、スカーレットを助けることができなくて、我を忘れていましたよ。『どうしよう、本当にごめん』って謝り続けていましたね。でもスカーレットはスポーツも得意ですし、事故についても笑っていましたよ」と話した。

スカーレットが無事で何よりである。『アイアンマン』の攻撃をリアルに受けたスカーレットは、スーパーヒーローの強さを実感したに違いない。

文:大芝 エリナ

PICKUPオススメ情報(PR)