海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

マイリー・サイラス、18歳の本音とは?

マイリー・サイラス

若くしてスターになった苦悩を語ったマイリー・サイラス
(c)Hollywood News

歌手・女優でティーンから大人気のマイリー・サイラスが、「プレスティッジ」誌の表紙を飾り、18歳の今のマイリーの本音を語った。

ゴージャスなグッチの衣装を身にまとい同誌の表紙を飾ったマイリー。彼女は、13歳からディズニー・チャンネルのテレビドラマ「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」の主役を演じ、一気にトップアイドルへと駆け上がった。そんなマイリーの今は子役時代とは違い、セクシーで大人な雰囲気を兼ね備える女性へと進化した。同誌ではロサンゼルスでの生活のことと、同番組への未練は?という質問に答えている。

マイリーは、ロサンゼルスの生活は楽しい?という質問に、「正直に言って、私はあまりロサンゼルスのファンじゃないのよ。仕事のためロサンゼルスにいるのは好きなんだけれども、いつでもチャンスがあったら実家のテネシー州に戻りたいの。今の私を取り囲んでいる生活は確かにカリフォルニアに存在してるけど、時間があったらいつでもテネシーに行きたいと思っているのよ」と語った。

そして、ハンナ・モンタナ役に戻りたい?という質問には、「(笑いながら)いいえ。家族との共演は恋しいけど、全く戻りたいとは思わないわ。私は毎日同じことをしていることがつまらなくてしょうがなかったの。自分の人生を進めていくためには、(同)番組に出演しないことはとても楽になったし、私がやりたいほかのことをできるようになったわね。だからあの時代には戻りたくないのよ。毎日キャストのスケジュールや、プロデューサーが何を考えているか心配しなくて済むしね。私は(同)番組に出演させてもらったことは本当に感謝してるのよ!」と話した。

続けて、「でも、私の11歳の妹が演技をやりたいって言ってるんだけど、その妹にでさえ『まだ早いわよ、待ちなさい』って言ってるの。なぜなら妹には自分と同じような状況にはなってほしくないのよ。今の普通の子と同じ環境と、早くから芸能界でスターになっちゃうのは全く違う人生を生きていくことになるからよ」と同誌に熱く語った。

若くして世界中からの注目を浴びたマイリーは、いつもプラスなことばかりではなかったようだ。まだ18歳の若手トップ・スターは、これからどこに向かうのだろうか。

文:村井 ユーヤ

PICKUPオススメ情報(PR)