海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『キル・ビル』のダリル・ハンナ、抗議デモ参加で逮捕

ダリル・ハンナ

石油パイプラインに反対しているダリル・ハンナ
(c)Hollywood News

『キル・ビル』シリーズの殺し屋エル・ドライバー役でも知られる女優のダリル・ハンナが現地時間8月30日、ホワイトハウス前で環境保護の抗議を行なっていたところを逮捕された。

ダリルは、カナダからアメリカを通ってメキシコまで石油を通す「キーストーンXL 石油パイプライン」の計画に反対するため、ホワイトハウス前で座り込みの運動に参加していた。米国立公園管理警察からの退去命令を拒否したため、ほか100人の抗議参加者らと共に身柄を拘束されるに至った。

逮捕される前、ダリルは「より大きな自由を得るために、自分の自由を犠牲にすることが必要なこともあるのよ。化石燃料が引き起こすひどい死と破壊行為から解放され、クリーンなエネルギーを将来使いたいの」とコメントしていた。

予定されているパイプラインは、カナダのアルバータ州にあるオイルサンドからメキシコ湾沿岸にある石油精製装置にかけて設置されるというものだが、ホワイトハウスからの承認はまだ下りていない。

ダリルが逮捕されたのは今回が初めてではなく、2009年には山頂を爆破して石炭の採取活動を行なうマウンテントップ・コールマイニングへの反対運動に参加し、ウエストヴァージニア州の道路が閉鎖される事態に至った際も警察に逮捕されている。ダリルとその他30人は、石炭採取会社であるマッシー・エナジー社の工場外の道路で座り込み、道路を封鎖して、警察が介入する事態になっていた。また、ダリルは海洋環境保護団体シーシェパードの支持者としても知られている。

長年環境保護活動を行なっているダリルは、2014年に公開予定の『キル・ビル3』への出演が噂されている。殺し屋の迫力は警察には通じないようである。

文:大芝 エリナ

PICKUPオススメ情報(PR)