海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

なぜ? ブラッド・ピット主演映画の撮影現場から偽物の牛が盗まれる

ブラッド・ピット

スコットランドで新作映画を撮影中のブラッド・ピット
(c)Hollywood News

ブラッド・ピット主演最新作『ワールド・ウォー・Z』(原題)の撮影現場から牛が2頭盗まれたことが明らかになった。

同作の撮影現場であるスコットランドのフォルカークにあるグランジマウス石油精製所の敷地内で、ファイバーグラス製の牛2頭が何者かによって盗まれた。事件発生当時、警備員がその場にいたにもかかわらず、泥棒たちは偽物の牛を盗んでいったという。

「デイリー・ミラー」紙によると、現場近くの住人は「あの牛は本物の牛には全然見えませんでしたから、あれをどう使うのか謎ですよ。コンクリートのように見えましたが、ガラス繊維で作られていて、見た目よりも重くないんです」と説明している。この牛は、戦争で荒廃したフィラデルフィアに見立てたセットの一部だった。

そんなブラッドは同作品の撮影中、スコットランドに滞在し、パートナーのアンジェリーナ・ジョリーと6人の子供たちとともに、16世紀に建てられたマンションに宿泊するそうだ。このマンションはスコットランドのエアシア地方にあり、馬やキジが自由に動き回り、釣りができる湖を備える高級物件となっている。

ブラッドは新作映画『ワールド・ウォー・Z』で、世界中で起こったゾンビ襲来から10年後の生存者にインタビューを行なうため、各地を旅する国連職員を演じる。またブラッドは、本作のプロデュースも手がけている。

犯人ははたして偽物の牛を何に使うのだろうか? セレブの愛用品が盗まれるのではなくセットの一部が盗まれるとは、なんとも不思議な事件である。

文:大芝 エリナ

PICKUPオススメ情報(PR)