海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

女優サルマ・ハエックの夫が隠し子! スーパーモデルから月350万円要求される

サルマ・ハエック

まさかの隠し子! サルマ・ハエックと夫のフランソワ=アンリ・ピノーさん
(c)Hollywood News

スーパーモデルのリンダ・エヴァンジェリスタが、現地時間8月1日、女優サルマ・ハエックの夫であるフランソワ=アンリ・ピノーさんに対して、子供の養育費として月額4万6000ドル(約350万円)の支払い要求を裁判所に提出していたことが明らかになった。

スーパーモデルのリンダ・エヴァンジェリスタは2006年に男児を出産しており、当時は父親が明らかにされていなかった。情報サイト「ピープル」によると、先月、リンダは父親が女優サルマ・ハエックの夫、実業家のフランソワ=アンリ・ピノーさんであるということを明らかにしていた。フランソワさんはサルマと2009年に結婚し、その年に女児を授かっていた。また、2004年に離婚した別の女性との間に2人の子供をもうけていた。

エヴァンジェリスタの弁護士によると、24時間体制の乳母と元刑事の運転手をそれぞれ年間8万ドル(約600万円)と17万5000ドル(約1350万円)で雇うために財政的支援が必要だそうだ。一方フランソワさんの弁護士は、「子供を一人にさせないように24時間体制の子守は必要である。しかしリンダはスーパーモデルとして800万ドル(約6億円)以上の資産があり、昨年は180万ドル(約1億400万円)の収入があった」と裁判所で指摘した。

裁判官は養育費が子供の生活の一部になることと、リンダの仕事から16時間乳母をつけられることを考慮した。ハリウッドならではのケタ違いの養育費ではあるが、隠し子騒動に養育費支払いと、一番痛みを感じているのはサルマであろう。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)