海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

歌姫マライア・キャリー、出産後の飲酒とクスリ使用疑惑が決着

マライア・キャリー

疑惑が解けたマライア・キャリー
(c)Hollywood News

先日、マライア・キャリーが、双子を出産後に病室で飲酒と薬物を使用していたという疑いで、児童保護局から調査されていたが、その疑いが晴れたことが明らかになった。

酒と薬物を飲んで大騒ぎしたという内容について、夫で俳優兼ミュージシャンのニック・キャノンは、「ある看護師が、黒ビールのギネスを飲むとイースト菌の作用で母乳が出やすくなるという話をマライアにしたんだ。そしたら、誰かがその話を聞いて、話が2転3転して、妻が出産後に病室でビールを飲んでいるという話に変わっていたんだよ。大変な出産だったのに、こんな調査の対象になるなんてなんて可哀想なんだ」と米CNN局に語った。

そして、マライアの広報担当者は、「弁護士が同席する中、マライアはビールを飲んだことを認めました。しかしそれは、看護師から授乳の助けになると助言を受けたからである。なので、マライア自身の判断ではありません」と伝えた。大騒ぎはビールの影響で、薬物は自然と大げさに言われてしまったようだ。

更にニックは同局に、「これはあくまで推測だけど、誰かがタブロイド紙やメディアにこういった情報を流して、お金儲けしようと考えたのではないかと僕は思っているよ。自分たちの子供が産まれた時でさえ、誰かに僕たちを利用してお金を稼ごうと思われるのは非常に悲しいことだよ」と語った。

クスリの使用疑惑も晴れたことは不幸中の幸いだったが、双子のことを思いビールを飲んでしまったということが意外な方向に発展してしまった。

文:村井 ユーヤ

PICKUPオススメ情報(PR)