海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

フェイスブック創始者マーク・ザッカーバーグが恐怖するストーカー

マーク・ザッカーバーグ

映画の成功でさらなる脚光を浴びるマーク・ザッカーバーグ氏
(c)Hollywood News

映画『ソーシャル・ネットワーク』(10)でその人生を映画化されさらに有名になった、SNSサイト「フェイスブック」の創始者であるマーク・ザッカーバーグ氏が、ストーカー被害に悩まされていたことが明らかになった。

31歳のプラディープ・マヌコンダという男は、カリフォルニア州のパロアルトにあるフェイスブック本社に何度も現れ、貧乏な彼の家庭を支援してもらおうとザッカーバーグ氏に会おうとしていた。その男は何度もフェイスブックを通して、「お願いだから助けてください。あなたのために死ねます。僕の痛みを理解してください」という内容のメッセージを同氏に送り続けていたようだ。

そしてアメリカ時間の1月24日にはフェイスブックに雇われたセキュリティーが、ザッカーバーグ氏の自宅に現れたその男を目撃し、その場を立ち去るように警告している。1月27日には、手書きの手紙と共に氏の自宅に花を送ってきたという。

結局、ザッカーバーグ氏はその男に対して接近禁止令を取得し、彼は氏とその妹と彼女の300ヤード(274メートル)以内に近づくことができなくなった。

映画の成功で億万長者として知られるようになったザッカーバーグ氏は、これからさらにセキュリティーを強化しなければいけなくなったようだ。

文:村井 ユーヤ

PICKUPオススメ情報(PR)