海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

J・アニストンが悪名高いゴシップブロガーを改心させる

ジェニファー・アニストン

天敵であるゴシップブロガーと対決した、ジェニファー・アニストン
(c)Hollywood News

女優のジェニファー・アニストンが、セレブのゴシップを意地悪く書くことで有名なゴシップブロガーであるペレス・ヒルトンと話し合い、彼にもうセレブの悪口は書かないと改心させた。

ゴシップの対象になるセレブの画像に意地悪な落書きをし、時には卑猥な言葉を使いセレブを攻撃することで有名なペレスは、自らを「メディアの女王」と呼ぶ、同性愛者の男性ブロガーだ。ペレスはジェニファーのことを、「マニストン(Maniston:manとジェニファーの名字であるAnistonをかけ、彼女が男好きだと中傷する言葉)」という彼が作ったあだ名で呼ぶなど、ジェニファーのことをいつも馬鹿にしていた。

ジェニファーはアメリカ時間2月3日にトーク番組「ザ・エレン・デジェネレス・ショウ」に登場し、そんな天敵であるペレスと対峙したことを語った。

どうやら、ジェニファーは友達とあるレストランで夕食をし、その帰りに背が高くやせているペレスと偶然出会ったようだ。彼女は、「私は車を彼の近くに寄せて、彼にあいさつをしたの。2人とも何を言ったらいいのか分からない状態になって、それで私は彼に『こっちに来なさい。あなたと少し話すことがあるわ』と言ったの。あれは最高の瞬間だったわ。私は彼に、『なぜあなたはそんなに意地悪なの?』と聞いたのよ」と、ペレスと話し合ったことを明かした。

ペレスはアニストンとその夜に言葉を交わしたことにより、なんと彼の考え方を変えたようだ。彼は最近になってアメリカの中学や高校で同性愛者だといじめられていた学生が相次いで自殺した事件に心を痛め、自分が他人をいじめる行為をするのをもう止めようと決意したと発表したのだ。

どうやら、今回の対決はジェニファーの完全勝利のようだ。

文:村井 ユーヤ

PICKUPオススメ情報(PR)