海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

チャーリー・シーンの“酒薬女”豪遊、ポルノ女優には約246万円

チャーリー・シーン

ポルノ女優を養いたいと思っている、チャーリー・シーン
(c)Hollywood News

酒と薬物への依存に対するリハビリ治療を自宅で行うことを決意したといわれるチャーリー・シーンが、彼が病院へ運ばれる原因となった乱交パーティーへ参加したポルノ女優に、3万ドル(約246万円)もの大金を支払っていたことが明らかになった。

ゴシップサイト「TMZ」によると、リハビリ治療の専門家たちがチャーリーの自宅に通っているようだ。さらに、元妻である女優のデニス・リチャーズが数回、彼を訪れており、彼の依存との戦いをサポートしている模様だ。チャーリーの主演しているテレビドラマ「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」の収録は中断されることになり、同番組を放送するテレビ局のCBSは彼のリハビリを支援すると発表した。

1月27日に激しい腹痛で病院に運び込まれたチャーリーは、ブリーフケースいっぱいに入ったコカインを自宅に取り寄せ、数人のポルノ女優たちと36時間以上も酒とドラッグにまみれた乱交パーティーを行ったと言われている。その女性たちの1人である、ポルノ女優のケイシー・ジョーダンはその乱交パーティーへの参加のギャラとして、チャーリーから3万ドルの小切手をもらったと証言しており、銀行で現金化した札束を抱えにっこりと笑う彼女の写真が撮影されている。

今回のリハビリで、チャーリーのポルノ女優好きが直るかどうかは分からないようだ。

文:村井 ユーヤ

PICKUPオススメ情報(PR)