海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ユマ・サーマンがストーカーからの恐怖の電話に震え上がる

ユマ・サーマン

怖い思いをしているユマ・サーマン
(c)Hollywood News

女優のユマ・サーマンが、2008年に彼女への接近禁止令を下されていたストーカーから、2回に渡り恐怖の電話を受け取っていたことが明らかになった。

そのストーカー男の名前は、ジャック・ジョーダン。ニューヨーク市警察からの情報によると、39歳のジョーダンはまず金曜日の午後7時にユマのオフィスに電話をかけ、彼女のアシスタントと話をした。そして翌日の土曜日夜10時にユマの携帯電話に電話をかえたという。ジョーダンはその時に対応したユマのアシスタントに、ユマのボーイフレンドであるスイス人富豪のアーパッド・ブッソンは彼女にふさわしくないので、自分と結婚するべきだと主張していたようだ。5 年間有効である接近禁止例を破った彼がユマの前に姿を現すことになると、彼は即座に逮捕されることになる。

ジョーダンは数年に渡りユマに対してEメールや手紙を大量に送り続け、2007年に彼女のアパートメントに現れたところを逮捕された。2008年に彼に対して行われた裁判では、ユマ自身が彼女の安全が脅かされていると泣きながら証言していた。統合失調症と診断されたジョーダンは、現在メリーランド州で家族と共に住んでいるという。

「もしほかの男とデートをしたら、自殺する」とまで言ったとされるストーカーに、ユマはこれからも恐怖し続けるのだろうか?

文:村井 ユーヤ

PICKUPオススメ情報(PR)