海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

元カレから3億円を要求されるレオナ・ルイス

レオナ・ルイス

悲しいラブソングを歌う事になった、レオナ・ルイス
(c) Fame Pictures, Inc. All Rights Reserved

イギリスの歌手レオナ・ルイスが、10年以上付きあった元カレのルー・アルチャマから、彼女の成功は自分のおかげでもあるとおよそ3億円を要求されている。

2009年にジェームズ・キャメロン監督の映画『アバター』の主題歌「I See You」を歌うほどの世界の歌姫になった25歳のレオナ・ルイス。彼女と元カレのルーは9歳のころから交際をしており、彼女は彼と結婚をしたいと度々発言してきた。しかし今年の6月に2人の破局が発覚。2人を知る関係者は「ルーはレオナが成功していない時から彼女を支えてきた。結婚はしていなかったが、夫のように慰謝料が払われるべきだと思っているんだ。彼女は一緒に住んでいた家を彼にあげるようだけど、それだけでは足りないと彼は感じているよ」と語った。

レオナはイギリスのオーディション番組「Xファクター」の第3シーズンで優勝して有名になり、歌手として成功した。なんと、彼女がシンガーソングライターとしてのキャリアをあきらめようとしていた時に「Xファクター」に応募する事をすすめたのが、この元彼のルーだったのだ。はたして、彼女は彼の要求に応えるのだろうか? 2人が小さい頃から共に見てきた夢は、残酷にも破局と言う形で、醜い終焉を迎えようとしている。

文:村井 ユーヤ

PICKUPオススメ情報(PR)