海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

「ゴシップガール」16歳テイラー・モンセンのロック魂

テイラー・モンセン

マイリーなんかぶっ飛ばすわ! テイラー・モンセン
(c) Fame Pictures, Inc. All Rights Reserved

「ゴシップガール」で有名な16歳女優のテイラー・モンセンが、インタビューで自身のバンド「The Pretty Reckless」について語り、マイリーサイラスとは違うと強く主張した。

テイラー・モンセンがヴォーカルとして率いるオルタナ系ロックバンド「The Pretty Reckless(プリティー・レックレス)」はニューヨーク出身の四人組バンドだ。「ザ・ビートルズ」や「ニルヴァーナ」に影響されているようで、テイラーも今まで彼女に影響を与えたミュージシャンは全て男性ヴォーカルのバンドだったと認めている。今年の8月30日にはアメリカでデビューアルバム「Light Me Up」が発売される予定だ。

イギリスの雑誌「FHM UK」にテイラーがバンドの音楽性について語った。「私はマイリー・Fワード・サイラスなんかじゃないわ。名声なんて気にしないの。音楽が好きで、レコードを作るのが好きだからやっているのよ。別にマイリーを個人的に攻撃しているわけではないけれど、ディズニーのクソみたいなティーンエージャー向けロックンロールは哀れで痛いと思うわ。マイリーの事は知らないけれど、私達の目指している音楽の方向性は違うと思う。年齢が似ているからって一緒にするのはバカね。たくさんの人が私達のバンドの曲を聴いて、ビックリすると思うわ。ロックでヘビーなのよ。死、愛、ドラッグ、セックス、宗教、そして政治に対してガツンと対決するような内容なの!」

先行シングル「Make Me Wanna Die」を聞いてみたが、テイラーの気合いの入った歌声が美しくも迫力があり、次世代の女性ロックスターの誕生を予感した。デビューアルバムに期待したい。

文:村井 ユーヤ

PICKUPオススメ情報(PR)