海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

必見!ファッショントレンドの作られ方とは??

ファッション

ファッショニスタによってトレンドが広められていく
Instagramより

ファッショントレンドと言えば、すぐに変わっていくイメージを抱いている人も多いのでは?確かに、雑誌に掲載され始め、店頭に服が並び、店先から服がなくなるまでの期間は短いが、その裏ではデザイナーだけでなく、様々な専門家が長い月日をかけてトレンドを生み出している。彼らは実際に、どのような流れでトレンドをつくっているのだろうか。

■各分野の専門家が集まる(2年前)
トレンドの構想が始まるのは、実際に店頭に服が並ぶ約2年前。この時世界中から歴史家、文化人類学者、社会学者などをはじめとした各分野の専門家がロンドンに集まり、話し合いが行われる。そこで、自分たちが行ったリサーチや発見したことについて発表し合って、次にアートの分野で何が起こるのかを予測する。

■素材、色のリサーチ
専門家が話し合いをしているのと同時進行で、どの素材・色が流行るか、というリサーチが別の専門家のもとで行われる。

■トレンドが決定する(1年9カ月前)
トレンドが決定し、デザイナーたちに紹介されるのがこの段階。初期段階で話し合われた結果をもとに、トレンドの情報が専門家からデザイナーへと受け渡される。

■ファッション業界に紹介される(1年4ヶ月前)
ここで、ようやくトレンドが形になる。もし、このトレンドが服になったらどうなるのだろうか?とファッション業界全体で構想が始まる。デザイナーだけでなく、バイヤーや洋服の製造業者、小売業者も注目しだす。

■トレンドがランウェイにて紹介される(半年前)
半年後のシーズントレンドが、ランウェイにて紹介される。流行に敏感なファッショニスタは、この段階でトレンドを取り入れ始める。

■メディアやファッショニスタによってトレンドが広められていく(3ヶ月前)
ランウェイのあと、雑誌やウェブなどのメディアを通し、徐々に世間にも広められていく。

■店頭に洋服が並ぶ
ようやく服が店先に並ぶ。

ファッショントレンドと言っても、関わっているのはデザイナーだけではない。洋服が店先に並ぶまで、様々な工程があるようだ。ちなみに、先日開催されていたニューヨーク・ファッション・ウィークやロンドン・ファッション・ウィークで、トレンドを探してみるのもおもしろいかも?

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)