海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

アカデミー賞2018!レッドカーペットを彩る女優たちをご紹介!

ゼンデイヤ

ゼンデイヤはブラウンのドレスをチョイス
(c)ImageCollect

ハリウッド最大のイベント、アカデミー賞授賞式がついに今年も開催!賞レースの行方も気になるけれど、一堂に会した女優達の美しいドレス姿は外せない見所のひとつ。レッドカーペットに登場した女優達のドレス姿を早速チェックしよう!

■ゼンデイヤ
映画『グレイテスト・ショーマン』に出演のゼンデイヤは、今年のアカデミー賞にはプレゼンターとして登場。そんな彼女がチョイスしたのは、Giambattista Valli[ジャンバティスタ ヴァリ]の2018年オートクチュールコレクションからブラウンのアシンメトリーなドレス。ギャザーの寄せられたボリュームのあるドレスに、ヘアをタイトにまとめ、スッキリコーデ。シューズはBrian Atwood[ブライアン・アドウッド]。

■エミリー・ブラント
『メリー・ポピンズ・リターンズ(原題)』の公開が期待されるエミリー・ブラントはプレゼンターとして登場。エミリーの爽やかなベビーブルーのドレスは、Schiaparelli[スキャパレッリ]の2018年春のオートクチュールコレクションからチョイス。これにJudith Leiber[ジュディス・ライバー]のクラッチとChopard[ショパール]のジュエリーをプラス。全体的に淡い色でまとめ、エミリーのやさしい雰囲気にぴったりマッチ。

■アリソン・ウィリアムズ
出演した映画『ゲット・アウト』が作品賞はじめ主要4部門にノミネートされていたアリソン・ウィリアムズ。今シーズンの賞レースでは各賞のレッドカーペットに登場していた彼女がアカデミー賞に選んだドレスは、Armani Prive[アルマーニ・プリヴェ]のベビーピンクのドレス。スパンコールとクリスタルが散りばめられた繊細なデザイン。ヘアをクラシカルにセットし、Harry Winston[ハリー・ウィンストン]のジュエリーをプラス。ハリウッド女優らしい装いに。

■エイザ・ゴンザレス
編集賞など3部門にノミネートされていた映画『ベイビー・ドライバー』に出演のエイザ・ゴンザレス。彼女はこの日プレゼンターとしても活躍。そんなエイザのドレスは、Ralph Lauren[ラルフ・ローレン]2018年春コレクションの目の覚めるようなイエローのドレス。シンプルながら鮮やかな色合いで、レッドカーペットでも目を引いた。

ゴールデングローブ賞に続き、英国アカデミー賞もブラックドレスでセクハラ問題への抗議のため連帯をみせていた女優達。アカデミー賞では抗議の手を少し緩め、お祭り気分を盛り上げていた様子。ファンとしては、彩り鮮やかなレッドカーペットは嬉しい限り。

文:松坂 フジコ

PICKUPオススメ情報(PR)