海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

プリンセスの気品を盗め! キャサリン妃の愛されファッション特集

キャサリン妃の愛されファッション特集


(c)Imagecollect.

世界中の女性の憧れの的である、イギリス王室のキャサリン妃。彼女が人々から愛される理由の一つに、間違いなくそのファッションセンスも挙げられるであろう。意外に着回し上手でチープなアイテムも好む、プリンセスのデイリーファッションを大特集。

■パターン1
この日のキャサリン妃は、お気に入りブランドSeraphine[セラフィン]のフローラルドレスで登場。ハーフアップヘアでモテ路線確実かと思いきや、足元はフラットシューズで外しているあたり、フレンドリーさも計算されたパーフェクトスタイル。

■パターン2
THEコンサバなワンピースやコートのラインナップが多いキャサリン妃。Madderson London[マダーソン・ロンドン]のワンピースにMulberry[マルベリー] のクラッチバッグを抱え、Cartier[カルティエ] の時計を着用。Episode[エピソード]のブラックパンプスで足元も引き締め。

■パターン3
パターン1のアウター着用バージョンがこちら。暖色よりも品のある寒色を好む彼女は、自然とブルー系の洋服が多め。鮮やかなブルーのコートにJimmy Choo[ジミー・チュウ]のパンプスとL.K.Bennett[エル・ケー・ベネット] のクラッチバッグを合わせて。

■パターン4
春を意識したパステルブルーのSeraphine[セラフィン]のコートに、パターン1でも着ていたSeraphine[セラフィン]のワンピースを着用。小物はStuart Weitzman[スチュワート・ワイツマン]のスエードクラッチ、PRADA[プラダ]のパンプス、Kiki Mcdonough[キキ・マックドノウ]のイヤリングで品格がぐっとアップ。

自身のコンサバファッションを徹底的に貫くキャサリン妃。「寒色系」、「クラッチバッグ」、「パンプス」、「ワンピース」などの特徴を抑えれば、マネしやすそうな親しみあるスタイルなので是非お試しあれ!

文:高田 ミズキ

PICKUPオススメ情報(PR)