海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

BETアワード、コスプレ状態!!アリシア・キーズがベスト!!

ビヨンセ


28日に行なわれたテレビチャンネルBET主催のBETアワードにありえない格好で訪れたセレブ達、もはやコスプレパーティー化としてしまいました。

ビヨンセ、アリシア・キーズを始め多くのシンガーや女優、俳優、モデルなどが会場に姿を表しました。
しかし、何だかセレブ達のファッションがおかしい。
ハロウィンかと思わせるような格好をして登場してしまった、イリノイ州出身R&B歌手のチャカ・カーン。
シースルー生地でお尻丸出し状態の、歌って踊れるシンガーソングライター、メロディー・ソーントン。
バレンシアガ風なのか、しかしロングだったら良かったかもしれない肩パットしっかりの鮮やかミニドレスで現れた、ビヨンセ。
全体的にマイクロミニ丈のドレスが多く、何とも場違いな格好に、ファッションセンスを疑いたくなるコスチュームと。
思わず唖然としてしまいます。

いくらBETアワード授賞式といえども、これはやり過ぎの感があります。
そんな中、アリシア・キーズはグリーンがかった薄手の生地にアンティーク・ゴールドの刺繍とストーンで装飾されたチュニックドレスで登場。
アリシアは、自分が似合うファッションを知っているように思えます。
そのドレスに、ラインストーンであしらったヌーディーカラーの細いストラップヒールを合わせています。
アクセサリーも最低限に抑えて、ピンクベージュのクラッチをお供に。
彼女のボディー、肌の色、メーク、とてもマッチしていてベスト・ドレッサー賞を贈りたいですね。

ところで、BETアワードと聞いて、ピンと来ない方も多いはず。
「BET」は、ブラック・エンターテイメント・テレビジョンの頭文字。
その言葉の通り、主にアフリカ系アメリカ人に贈られるアメリカの文化賞。
当然この授賞式に出席するのはアフリカ系やラテン系のセレブが多い。
2001年から始まり、まだまだ新しいアワードの一つ。

シンガーがそれぞれ独自の歌を披露する予定でしたが、マイケル・ジャクソンの死を惜しむかのように皆マイケルの曲を歌ったそうです。
このBETアワード、アフリカ系、ラテン系のセレブ達にとって人種的にも意味が深いアワード。
生きていたなら、マイケル・ジャクソンも出席していたのでしょう。
歌手のジェイミー・フォックスは「私達は、このブラックマン(黒人)を褒め称えたい。彼は私達と同じだ、他の皆と一緒に私達は彼と共に分かち合ってきたのだ」と述べました。
黒人として誇るべき英雄「ザ・キング・オブ・ポップ」、マイケルジャクソン。
彼の与えた影響は、残したものは、とてつもなく大きいものでした。
これからのBETアワードの成長を期待したいですね。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)