海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

一転二転?ルイ・ヴィトンに振られてしまったマドンナ

マドンナ


最近も20歳以上年下のボーイフレンドとお付き合いしていたり、常に話題の尽きない永遠のポップスター、マドンナ。
この春、彼女が51歳にして、ラグジュアリーブランドのルイ・ヴイトンの専属モデルに起用されたのはとても衝撃的でした。
契約金はスーパーモデルのケイト・モスなどがモデルを勤めた時をはるかに上回る650万ドルということでしたから、よほど彼女は同ブランドのクリエイティブディレクターのマーク・ジェイコブスに気に入られていたのでしょうね。
当時のマークのインタビューによると、パリで行われたコンサートを見て“一目惚れ”してしまったとか。

2009年のスプリング/サマーの広告では鍛え上げられた素晴らしいプロポーションを披露してくれました。
しかし、バニーのカチューシャを着けた写真などが数々の雑誌に掲載され、「やはり実年齢とのギャップがある」というバッシングが多かったのも事実でした。

さて、先日寒い中ニューヨークMOMAで行われた「A Single Man ( シングル・マン )」の試写会に駆けつけたマドンナ。
全身ブラックにトレードマークの赤い口紅でクールに登場です。
そんなマドンナに、なんとも悪いニュースが。
なんと、ルイ・ヴイトンが、彼女をもうモデルとして起用しない事を発表したのです。
マークの話によると、「このような、一流トップブランドの洋服をモデルするには、もっとモダンでアイコン的でセクシーで美しくなければならない」とイギリス雑誌のインタビューに答えていました。
そして彼が今回新たに選んだのは?

なんと、若干25歳のオランダ出身スーパーモデル、ララ・ストーン。
ランウェイのモデルとしても大活躍中の他、 H&M のビルボードを飾ったり、「British Vogue(ブリテイッシュボーグ) 」12月号の表紙&特集に抜擢されたりと、ますます多忙なケイト・モス系の美少女ララ。

それにしても、51歳のマドンナの次は一気に年齢を下げ、25歳のモデルを起用するとは。
マドンナもまだまだ頑張っているようですが、やはりフレッシュで若いスーパーモデルにはかなわなかったという結果に。
もしかしたら、彼女ご自慢の若いボーイ・トーイ達に振られるよりも今回の”失恋”はショックが大きかったかもしれないですよね。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)