海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

「The City オリヴィアのベットルームサイズのクローゼット」

ヨハネスとオリヴィア


大人気米番組「ザ・シティー」にホイットニーと出演しているオリヴィア・パレモはマライア・キャリーにも負けないベットルームサイズのクローゼットを持っているという。
日本では、6月9日(火)からMTVにてオンエア中の「ザ・ヒルズ」のスピンオフドラマ「ザ・シティー」、セックスアンドザシティーのヤング版とも言われている。
「ザ・ヒルズ」でお馴染みのカリフォルニアガール、ホイットニー・ポートがアメリカの有名ブランド「ダイアン・フォン・ファステンバーグ」のPRとしてファッションキャリアをスタートし、数々のドラマと恋愛模様をお洒落に描いた新しいニューヨークライフドラマだ。

そのホイットニーと共にPRとして働くオリヴィア・パレモ、このドラマではクールでビッ〇なリッチガールを演じている。
現在彼女はNew Schoolに通う大学生で、ニューヨークで有名なソーシャライツとして活躍している。
ニューヨークポストのゴシップコラム「Page six」で彼女の1エピソードのギャラは、$12,000(約120万円)とレポートされているから驚きだ。
そんな彼女のファッションに是非注目して欲しい。
高級ブランドを見事に着こなすオリヴィア、カラーレーション、シルエット、フィットや素材、プリントや刺繍、何もかもファッショニスタにはたまらないアイテムばかり。
ドラマではプライド高くツンとした印象のオリヴィア、でも実際はとっても可愛らしいお茶目な女の子のよう。
New York Fashionのインタビューによると、彼女はニューヨークの古着屋「The Salvation Army」がお気に入りで、いつも$2(約200円)のドレスを買って大喜びしているという。
「ザ・シティー」から全く想像できない光景だが、彼女はチープなものもファッショナブルに着こなしてしまうスーパーファッショニスタなのだ。
しかし、さすがセレブ、彼女のトライベッカのアパートには、ベットも家具も置けるくらいのワンベットルームサイズのクローゼットがあるというのだ。
米テレビ番組「Oprah」で話題になったマライア・キャリーの巨大クローゼットにも負けないという。
何気に「彼女(マライア・キャリー)は、ご近所さんよ。」と発言してしまってもいる。
なんとも強気なオリヴィア、ドイツ生まれのイケメンモデル「ヨハネス・ヒューベル」もそんな彼女に仕留められたのだろう。

ラブラブな二人だが、さすがにジョー(ヨハネスのニックネーム)は、「ザ・シティー」に出ることを拒否しているらしい。
それは、オリヴィアの番組イメージの為に遠慮しているのか、それともここは、自分の意思として男らしくメディアに出ることを拒んだのか?
さて、気になるオリヴィアのクローゼット、トートバックをもって彼女のクローゼットセールに行きたいものだ。
彼女のワードローブが、$2のドレスで占領されていないことを願う。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)