海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ミシェル・ウィリアムズ、難しい赤ドレスでも存在感抜群!

ミシェル・ウィリアムズ

ミシェル・ウィリアムズ、鮮やかな赤いドレスでベストドレッサーに相応しい装い
(c)Hollywood News

女優のミシェル・ウィリアムズが、現地時間2月26日に開催された「第84回アカデミー賞授賞式」に登場し、レッドカーペット上で存在感を放っていました。

映画『マリリン 7日間の恋』(日本公開予定3月24日)で主演女優賞にノミネートされたミシェルは、鮮やかな赤のロングドレスのシルエットがとても美しく“ベストドレッサー賞”に相応しいスタイリングです。

ウエスト部分がフンワリと広がった旬のペプラムラインは、今回レッドカーペットで多く見られたドレスラインの1つです。ミシェルは、Louis Vuitton[ルイ・ヴィトン]のシフォン素材で優しい雰囲気のドレスをセレクト。

ウエストにはアクセントととして“ちょこん”とビジューが輝くリボンのブローチを飾り、ミシェルのスウィートな雰囲気とマッチ! スッキリとした縦のラインに、細ベルトとペプラムラインでメリハリをつけエレガンスに仕立てています。さらにピンクのBottega Veneta[ボッテガ・ヴェネタ]のクロコダイルのクラッチが、ドレスにスウィートさをプラス。

また美しいデコルテを披露してくれるブロンドショートヘアとForever Mark[フォーエバー・マーク]のジュエリーのバランスもとても美しく仕上げています。

“赤”はセレブたちに愛されているカラードレスですが、レッドカーペットと合わせるのが難しいのも事実のよう。この日のミシェルのスタイリングは、レッドカーペットにも負けないガーリーで上品なスタイリングが存在感を放っていました。

文:フェスミィ 松尾

PICKUPオススメ情報(PR)