海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

キャサリン妃のウエディングドレスのデザイナー、まるで“おとぎ話”と語る

キャサリン妃

キャサリン妃のデザイナーが「おとぎ話」と話した、ロイヤルウエディングでのキャサリン妃とウィリアム王子
(c)Hollywood News

今年4月29日に行われたキャサリン妃とウィリアム王子の結婚式のドレスを手掛けたデザイナーのサラ・バートン氏が、その体験を“まるでおとぎ話”のようだったと話している。

「ウエストミンスター寺院に立っている時に、『これは現実じゃないわ』って思ったの。まるで“おとぎ話”みたいだった。『転びませんように』ってことだけをずっと祈っていたわ。結婚式当日が近づくまでその影響力を理解していなかったの。魔法みたいな経験だったわね」と、バートン氏は当時の気持ちについて語った。

そんなキャサリン妃のウエディングドレスを制作したことで一躍有名となったバートン氏の“おとぎ話”はどうやらまだ続いており、バートン氏は、今月7日にロンドンのクラリッジズ・ホテルで行われた「ハーパース・バザー・ウーマン・オブ・ザ・イヤー」で最優秀デザイナー賞を受賞した。

“おとぎ話”のような素晴らしい賞をもらったデザイナー、バートン氏の活躍に今後も注目が集まるであろう。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)