海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

キャサリン妃がイギリスで最もおしゃれな女性に

キャサリン妃

イギリスのベスト・ドレッサー賞に輝いたキャサリン妃
(c)Hollywood News

イギリスのキャサリン妃が、イギリス版ファッション誌「ハーパース・バザー」のベスト・ドレッサー賞で1位に選出された。

キャサリン妃は、一流デザイナーが手掛けるファッションと、よりカジュアルなハイストリート・ファッションの組み合わせが評価され、歌手のフローレンス・ウェルチや女優のアンドレア・ライズボロー、ティルダ・スウィントン、そしてキーラ・ナイトレイらを抑え、栄冠に輝いた。

同誌の編集長ルーシー・ヨーマンズ氏はキャサリン妃のウエディングドレスについて「今世紀だけでなく長年を代表する、最も興奮するファッションの瞬間を彼女は私たちに与えてくれたのです」とコメントしている。

ヨーマンズ氏のほかにも編集者数人、帽子デザイナーのフィリップ・トレーシー氏、英国風スタイルを象徴する20人の女性が審査員を務めた。審査員一同は、キャサリン妃のファッションについて「全員の心を捉えた、素晴らしいスタイルの革命」だと説明する。

キャサリン妃は先日、「ピープル」誌が選ぶ世界で最もおしゃれな女性の第7位にも選ばれていた。ピープルには、「新婚のキャサリン妃は、人気のドレスを着まわす姿や、カナダ訪問の際には地元のデザイナー、アーデム・モラリオグル氏のブランドErdem[アーデム]の洋服を着て同国に敬意を払う姿など、世間に印象付ける方法を知っています。結婚式の日から北アメリカ訪問まで、キャサリン妃はファッションの王族としての地位を獲得したのです」とコメントがつづられていた。

ファッション・コラムニストのハドレー・フリーマン氏は「(キャサリン妃は)ファッションというより、スタイルそのものだ」とコメントしている。

以前、キャサリン妃はオジー・オズボーンの娘であるケリー・オズボーンに、同じ服を着ていたことについて毒舌を吐かれていた。しかしキャサリン妃のファッションセンスはどうやら多くの人に支持されているようである。これからも彼女のファッションに注目が集まることは間違いなさそうである。

●イギリスの最もおしゃれな女性トップ10

1位:ケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃
2位:フローレンス・ウェルチ
3位:アンドレア・ライズボロー
4位:ケイト・モス
5位:ティルダ・スウィントン
6位:キーラ・ナイトレイ
7位:ステラ・マッカートニー
8位:フィービー・フィロ
9位:アレクサ・チャン
10位:リヴィア・ファース

文:大芝 エリナ

PICKUPオススメ情報(PR)