海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

「え? 私って太かったの?」なジェニファー・ハドソン、ダイエット施設を開く

ジェニファー・ハドソン

ダイエット施設を設立したジェニファー・ハドソン
(c)Hollywood News

歌手で女優のジェニファー・ハドソンが、現地時間9月27日、シカゴにダイエット施設を設立した。

ジェニファーは2009年の8月に生まれた息子のために約36キロのダイエットに成功していた。「自分のダイエット施設が持てるなんて思ってもみなかったわ。ここにいて、この日を迎えることができてとても光栄です」とコメントしている。

また、ジェニファーは以前「私はハリウッドに来るまで、自分のサイズが大きいと思われているなんて知らなかった。完璧なサイズと思っていたわ。ある日、インタビュアーが『ハリウッドでの大きめな体形についてどう感じている?』って質問してきて、私は周りを見渡して、『彼女(インタビュアー)は誰に話しているのかしら? えっ、私? 私ってサイズが大きいの?』って思ったわ。地元のシカゴでは16の年頃だったら普通だけど、ハリウッドでは皆がまさに同じような外見で、それで私が目立っちゃったのよね」と、ハリウッドでの経験を語っていた。

今回建てられた施設の収益の一部は亡くなったジェニファーの甥にちなんで名づけられた子供のための慈善団体、「ジュリアン・D・キング・ギフト財団」に寄付される。ジェニファーは、2008年に姉の元夫によって、母親のダーネル・ドネーソンさん、兄のジェイソン・ハドソンさんが自宅で、甥で当時7歳だったジュリアン・キングちゃんが車の中で殺されるというショッキングな事件を経験している。

ダイエット後、5サイズ分スリムになったジェニファー。多くの女性は彼女の施設のトレーニング内容が気になるところだろう。

文:大芝 エリナ

PICKUPオススメ情報(PR)