ヘンリー・カヴィル、19歳の恋人と年の差は感じないと語る

カテゴリ:海外ゴシップ / 2016.02.17 19:00

スーパーマンを演じているヘンリー・カヴィル  (拡大写真)
(c)Imagecollect.

この記事の写真

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(3月25日日本公開)でスーパーマンを演じるヘンリー・カヴィルが、年下のガールフレンドについて語った。

32歳のヘンリーは昨年10月に19歳の大学生タラ・キングさんと交際していることが明らかに。そんな彼はファッション誌「エル」にタラさんとどんな話をするかと聞かれて、「すべてさ。人は年齢なんてただの数字だって言うよ。多くの時はそれはただの数字ってことはないね。実際に年齢は大人だということの本当のサインだって思うんだ。でも、この(タラの)場合、彼女は素晴らしいね」と話した。

さらに「僕が初めてガールフレンドに会った時に、すごく圧倒されてしまったよ。彼女に好印象を与えたかったんだ」「僕は台無しにするなよって考えていたよ」と語り、「僕は19歳の時に、32歳の人と付き合っていたよ」と明かしている。

タラさんは年齢に比べて、とても大人なようである。ヘンリーは彼女にゾッコンなようだ。

文:馬場 かんな

タグ:

関連ニュース

前の記事:カイリー・ジェナーが正式にPUMAの広告塔に、スマホゲームでは1位を獲得
次の記事:ニーナ・ドブレフ、オースティン・ストウェルと破局